【The Laundries】
 
 1999年、ヴォーカルの木村孝之を中心に結成。バンド名は The Lilac Time の曲 "Laundry" に由来。Aztec Camera や The Smith や The Pale Fountains など、80年代のネオアコースティックサウンドに影響を受け、その音楽性だけではなく、元来パンクの影響が強いネオアコのアティテュードからもまた影響を受ける。  
 度重なるメンバーチェンジを乗り越え、1999年、ビクターから発売されたコンピレーションアルバム Rabid Chords vol.1 に参加。90年代最高のネオアコバンド The Trash Can Sinatras の "Who's He" のカバーである "Sinatra's Joke" は本人達たちからも絶賛される。  
 そして2016年12月 "The Laundries"、
"NATALIE" につづく"Synanthrope(シナントロープ)"がリリースされる。ネオアコ、スコティッシュパンク、ギターポップファン待望のアルバムである。それらの最良のものが何か、その答えが知りたいのであれば、The Laundries を聴くべきだろう。

Vo & G: 木村孝之  G: 遠山幸生  Kbd: Nozomu Hisayuki B: テリー  D: 久田稔

公式サイト
http://the-laundries.jimdo.com/

"Synanthrope"
2016年12月発売
2160円(税込)
Sample at Youtube

"NATALIE"
2013年発売
2100円(税込)
Sample at Youtube
digest 1-5
digest 6-10

"The Laundries"
2003年3月6日発売 
2000円
収録曲
Gasoline
ドライブの日に
P. P.
雪の降る日
I have real love
天使が消えた街
シーモア
early times